免許は一口で証明されるもの

IT系資格には、MCP:システムエンジニアやサーバーエンジニア、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーを目指すひとには必須なものです。マイクロソフト製品の知識とスキルをもっていることの証明にもなります。

Java、ORACLE:IT業界やプログラマを目指す人には必須です。新しいシステム開発には有効度の高いプログラミング言語です。
Javaの資格情報はこちら

CCNP:ネットワーク技術習得者として証明されるものです。CCNAが初歩的な資格であることに対して、CCNPは、難度の高い上級資格であり、規模の大きい企業のネットワークやインターネットワークサービス運用には必要なシステムの構築や管理、運営ができることの証明になるものです。重要度はかなり高いと聞きました。ネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つです。

ORACLE MASTER:システム、データベースエンジニアを目指すひとには必須な資格です。データベース管理者の基礎知識を習得していることの証明になります。

LPIC:LINUXの技術認定者として、ベンダーニュートラルな資格として企業で取り入れられています。政府や自治体が推進している基幹システムとして採用されているので重要視されています。

資格は免許ではない、といわれることもあるのですが、IT業界においてはどこで確認すべきか不明ですので、資格イコール免許と仮に解釈してみました。もし、これからWeb開発やサイト作成に携わりたいという方がいらっしゃったら、まずは人気のJavaプログラミング能力認定試験などはいかがでしょうか。未経験の人が就職する上でも、経験者の転職の際にも役立つ資格だと言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です