高速で処理

エンジニアやプログラマはJavaやC言語といった静の言語をマスターした後は、動の言語をマスターするように良く言われます。
動の言語の中でもPythonは様々な分野のアプリケーションで活躍している、とても重宝されているプログラミング言語になります。
Pythonエンジニアは特にエンジニアの中でも、レベルが高いという評価が多くされています。
それはPythonを取得するまでに、たくさんの言語をマスターしており、いろんな場面で対応が可能であり、いろんな言語に精通しているからではないでしょうか。
レベルが高いと言われるPythonエンジニアですが、そのPythonの特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

文法がとても読みやすくて綺麗であること。
直観的なオブジェクト指向なので、短時間での対応が可能であること。
イントロスペクションが強力であること。
高レベルな動のデータであること。
とても自然な表現が手続き型のコードで可能であること。
完全なモジュール化のサポートができること。

他にも優れた特徴はたくさんありますが、何よりもパワフルで高速であることが一番の魅力ではないかと思います。
Pythonを使うことで、書きたいコードが素早く書くことができます。
多くのアプリケーションで十分な速度で実行することができるのには、高度に最適化されたバイトコードコンバイラとそのライブラリが役割をこなしているからだと思います。
これだけの内容だけでも、いかにPythonが優れた言語であるかが理解できるのではないかと思います。そして使いこなすことが出来れば、かなりのアピールポイントになることも必須だと思います。

とは言っても、まずは基本のJavaやC言語に精通しておくことは欠かせないポイント。あれこれ次に進む前に、しっかりと基本を習得した後に自分のスキルアップを図りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です